ペットのジェネリック薬

医薬品にはジェネリックと呼ばれる種類の薬があります。これは、医薬品が新しく開発されたときに、その販売特許が製薬会社に与えられます。その期間中は独占して医薬品の販売を行うことができますが、期間が切れると他の製薬会社もその医薬品の成分を含む商品を販売することができるようになります。

 

成分自体の研究を行う必要がないのでとても安い価格へ市場に出回ることになります。この医薬品のことジェネリック医薬品と呼びます。価格が安いという特徴を持っています。

 

ペットの薬でもジェネリック医薬品はあります。医薬品の個人輸入代行業者を利用することでインターネットから簡単に手に入れることができることをご存知の方も数が少ないかもしれません。「ペットくすり」という名前のサイトではそのサービスを取り扱っています。薬の通販なので、堅いイメージがあるかもしれませんが、イラストや挿絵などがたくさんあるかわいらしいイメージの通販サイトです。

 

取り扱われているジェネリック医薬品も有名な制約会社のものなので安心感があります。聞いたこともないような製薬会社だと本当に使っても大丈夫なのかと心配してしまうものです。また、ペットくすりで注文をおこなうと、海外の取扱店から直送されるので、到着には1週間ほどの時間がかかります。

 

時間がかかることがデメリットですが、ジェネリック薬で安く購入できるメリットとどちらを選ばれるかは飼い主さんの選択となります。ジェネリック薬をペットくすりで購入して使用するのなら、ペットの体調が変化してから注文していると間に合いません。常備薬として医薬品を保管しておくことも重要です。


ペットくすり ナツコさん